猫脚

 猫脚、カブリオールレッグ(cabriole leg)の椅子と腰掛けを製作しました。余談、今の木工の世界に入るきっかけは学生時代に西洋アンティーク家具のお店でアルバイトをしていた時に強く惹かれたことでした。

 フランスでは17、8世紀ルイ14世期後半に、イギリスでは18世紀アン女王の治世期に取り入れられました。カブリオールとはフランス語のダンス用語で跳ぶ、弾むの意味らしいです。言われてみるとダンスの軽快さや躍動感と通じるところがありそうです。当時は貴族たちの流行であったこの様式も現代の私からすると少し上品で気が引けるかも。ということでただの腰掛けであること、クリアオイル仕上げ、古色仕上げということががクラシックなスタイルが苦手な人でも生活空間に取り込みやすくするのがテーマです。