「   その椅子は古色蒼然たる佇まいで、

 

まるでここに腰を下ろすように誘われる。

 

その滑かな板の上に誘われるがままに腰を下ろすと

 

とても居心地の良い椅子で おそらく多くの時間をこの上で

 

過ごされていたことがその色艶と手直されていた痕跡から読み取れた。

 

余程のこの場と時間への愛着らしい。   」